カテゴリー「film」の記事

2010年5月18日 (火)

55本のビデオで見る55年体制下の日本

55本のビデオで見る55年体制下の日本

55 videos for Japan under the 55-year system



here are the vids

|

2008年9月14日 (日)

Patti Smith - "NY is the thing..."

Patti Smith - "NY is the thing..."


Patti on NY -


“New York is the thing that seduced me.
  New York is the thing that formed me.
  New York is the thing that deformed me.
  New York is the thing that perverted me.
  New York is the thing that converted me.
  And New York is the thing that I love too.”

  (from an interview on the BBC in 1971)


Dream of life (trailer)



関連記事 ; CBGB Remembrance - 1973-2006

|

2008年8月 9日 (土)

三里塚 幻野祭

三里塚「幻野祭」 (1971年8月14日-17日)



野次馬雑記 より ;

朝日新聞 1971年8月11日-15日にかけての記事 ;

石井新二さん、23歳。彼は成田空港建設反対の青年行動隊員である。
成田の農民にとって、反対闘争は日常化し、生活の一部だ。特殊のものではない。
ふつうの生活には、時期がくればまつりがある。だから、三里塚にまつりがあってもおかしくはない。
「民青みたいだ」との批判があった。シンジは答えた。「民青はもっと統制がとれてシッカリしてるよ」

ただ、この「まつり」には反対同盟や支援学生からの風当たりも強かった。

戸村一作反対同盟委員長 ;
私は祭ということばの響きが好きじゃない。体質的にあわないよ。祭りには思想がない
フーテンやピッピーがギターをかき鳴らす・・。それで人集めしたって・・・
闘争はもっときびしいよ。三里塚農民の涙、怒声、旗、マイクの声、これが私の生活のなかの祭り。
祭りという復古化粉砕、反権力ということがわかっていないんだよなあ

「加藤登紀子、ナンセンス。知床旅情なんか歌うより地下ごうを掘らせろ。その方が反対闘争にとって意義がある。」
駒井野団結小屋の地下ごうからドロだらけで出てきた中核派の学生が言った。
ロックで踊り狂うバカどもに毛沢東語録でも読ませろ。その方がよっぽど反対闘争にとって意義がある。」
これは援農でスイカの取り入れをしていたML派学生
常駐学生は祭りに批判的である。「第二次代執行に向けてなんらの意義がない」


頭警・パンタの対談記事 (テーゼ機関誌『インペリアル・シアター vol.1』(1989年)) より ;



YOSHIAKI ;
その翌年(1971)に三里塚の幻野祭がありますよネ。
で、幻野祭に関しては、「出ない方がよかった」ってことだそうですけど…。

PANTA ;
いまだにそう思います。だから、農民のためのお祭をやるんだったら盆踊りの方がよかったといまだに思ってる。
だから、あれは、ホント、学生のための…でしょ?

YOSHIAKI ;
でも、青年行動隊が頭脳警察のファンだったとか…

PANTA ;
うん、実はそうなんだよネ。だから、結局 熱意に負けたっていうか、折れて…。
そのへんが主体性ないんだけどさ、果たして、あれが良かったのか悪かったのか、そんなこといっても仕方ないけどネ…。

YOSHIAKI ;
そういう事実があったということしかネ…。でも、革共同集会にしても、幻野祭にしても… 
特に幻野祭はレコードになって再発までされて…。
そうすると、実際の三里塚を知らない人…、あるいはゲリラとか内ゲバとかって印象しかない人にとっては、
特にそういったイメージで見ちゃうからなおさらなんだろうけど…、
「三里塚でコンサートがあって、それに頭脳警察が出ていた!これはスゴイ!」って感じで、
妙に話がふくらんでしまう。雑誌など、そのあたり実に無責任というか、平気でそういうこと勝手に書きますからネ。。。


三里塚 成田闘争 関連video (YouTube playlist)


参考 ; '80年代ノンセクト左翼運動とサブカルチャー

|

2008年7月12日 (土)

赤軍 - PFLP 世界戦争宣言

赤軍 - PFLP 世界戦争宣言

  奥平剛士
  これが俺の名だ
  まだ何もしていない
  何もせずに 生きるために
  多くの代価を支払った
  思想的な健全さのために
  別な健全さを浪費しつつあるのだ
  時間との競争にきわどい差をつけつつ
  生にしがみついている
  天よ 我に仕事を与えよ
    (奥平剛士天よ、我に仕事を与えよ』)




サラーハ(安田安之) バーシム(奥平剛士)
(序章社 『 序章 9号 三戦士追悼特集』より)


赤軍−PFLP・世界戦争宣言 (1971/日)

製作: 若松プロダクション
監督: 若松孝二 /足立正生
編集: 赤軍 (共産主義者同盟 赤軍派)/ PFLP (パレスチナ解放人民戦線)
音声: 戸浦六宏 /中島葵 / 重信房子/ 岩淵進 / 松田政男 / 足立正生





無名にて死なば星らにまぎれんか
               輝く空の生贄として (寺山修司)



   オレたちは想像することができる。
   オレたちはどこへでも行くことができる。
   そしてオレたちは、奴らに向けてブッぱなすことができる。
   オリオンの三ツ星よ、八・一六のまつりの空に輝け!
   オリオンの三ツ星よ、いつの日か、
   奴らに向けてブッぱなされる銃声が、
   オマエたちを追悼するのを聞くことがあるだろう。
   (72年8月京都 テルアビブ2兵士追悼集会 集会基調 より)






関連記事 ; 重信房子 インタビュー 1973
日本赤軍関連video(YouTube Playlist)

|

2007年12月31日 (月)

Rita Martinson - "Soldier, We Love You"

Rita Martinson - "Soldier, We Love You"

"Soldier, We Love You" lyric ;

I read that you took a stand
And refused to kill in Vietnam.
You said no man was your enemy
What he's fighting for is to be free.

Ghetto streets lead nowhere
Ghetto cries fill the air.
Uncle Sam's in Nam to loot and rob
And people starve at home cause there's no jobs.

Oh ain't it hard
To smile sometimes?
I know it's hard
To smile sometimes.

Soldier, we love you
Yeah, soldier we love you
Standing strong
'Cause it's hard to do
What you know you must do
Cause it's true
Yes, it's true.

They locked you up in their stockades
Yeah, they locked you up 'cause they're afraid
That you would rap and spread the word
But you can't jail truth, it will be heard.

Oh, ain't it hard
To smile sometimes?
I know it's hard
To smile sometimes.

Soldier, we love you
Yeah, soldier we love you
Standing strong
Yes, it's hard to do
What you know you must do
Cause it's true
Yes, it's true.

FTAとは、ジェーン・フォンダらの参加した反ベトナム戦争のロードショー・グループ。
1971年12月13日に、ベ平連も連帯しつつ、復帰前の沖縄 コザ琉米親善センターで、2千名の米兵を前に公演した。

FTAの活動は翌1972年、ドキュメンタリー映画 " F.T.A. "にまとめられた。同作は長らく観賞困難な状態だったが、その一部が2005年公開のドキュメンタリー映画 " Sir! No Sir! "に使用された。

沖縄でのFTAショー(ドキュメンタリー映画" Sir! No Sir! "からの引用)

 

現在、" F.T.A. "はGoogleVideoで全編公開(以下参照)となっている。


 

関連post ; ベ平連 小田実(1932年6月2日-2007年7月30日)

|

2007年5月21日 (月)

街の女性の服と色と

街の女性の服と色と

NHK短編映画「街の女性の服と色と」(1960制作・18分)

街を彩る女性の服を色の視点からとらえた番組。衣類や小物に使われる色、その年の流行色はどうしてできていくのか?年齢や職業の観点からも好みが左右される色の科学を昭和時代の風俗とともに紹介する。


|

2007年5月19日 (土)

Ian Curtis : from him to eternity (or Cannes)

Ian Curtis : from him to eternity (or Cannes)



CONTROL - IAN CURTIS -


Control, Ian Curtis, BBC Newsnight Review


from BBC article
A British film about the life and death of Joy Division singer Ian Curtis, starring a first-time actor, has earned a rapturous reception in Cannes.

from Guardian article
Control, Anton Corbijn's movie about Joy Division, is the buzziest film of the festival so far, at least among the British contingent.

from Telegraph article
Critics have described his portrayal of troubled singer Ian Curtis, who committed suicide on the eve of the band's first American tour, as "spectacular" and "outstanding".
Yesterday it received a standing ovation at its premiere on the Croisette. Even surviving members of the group were impressed.
Peter Hook, the bass player with Joy Division and New Order which evolved from it, said: "He really caught the essence of Ian's character. It was like hearing Ian. It sent shivers down my spine."
Their biggest hit was Love Will Tear Us Apart. His illness and tangled love life as well as the increasing responsibilities of the band led to him being unable to cope with the world. He hanged himself in his home exactly 27 years ago today(17th May 1980), aged 23.

from Billboard article
Shot in stark black-and-white and set in gritty, unglamorous 1970s England, it re-creates the life of a singer who died unhappy and almost unknown but has secured a place in rock mythology.

The part came out of the blue for Riley, 27, who abandoned an acting career to take an unsuccessful shot at fame with his band 10,000 Things. When Riley heard about auditions for the film, "I was working in a warehouse in Leeds, folding shirts."

Netherlands-born Corbijn, who turns 52 on Sunday, photographed Joy Division for British music magazines and went on to design album covers for Depeche Mode and U2. When he moved to Britain in 1979, Corbijn said he was shocked by the country's austerity and poverty. "A lot of bands I met, including Joy Division, were kind of underdressed -- a thin coat on, smoking and shivering in the cold," he said. "When I met Sam, it was also in the winter and he was totally the same."

Pale and big-eyed, Riley resembles Curtis -- but more importantly, said Corbijn, he "had an innocence and a freshness that I was hoping for but never thought I would find."

"My whole memory of that period is black and white," Corbijn said. "There is basically no color photography of that band around. So it felt very proper to the project."

Interview with Anton Corjbin about the movie CONTROL

|

2007年4月29日 (日)

CBGB Remembrance - 1973-2006

CBGB Remembrance - 1973-2006

"...my favourite memory was the first time i saw Television play,
and i saw Tom Verlaine who i thought was,ahhh...,
just about the most beautiful fella i'd ever seen and,ahhh...,
it was a sunday as well,it was easter sunday 1974,
and i ahhh..., i saw Tom Verlaine,and we've been friends ever since."

- Patti Smith comments on Tom Verlaine

CBGB Remembrance 1973-2006





Patti Smith is featured in upcomin' documentary film called
"Black White + Gray" which refers to the symbiotic relationship
Sam Wagstaff(influential art curator and collector) shared with
photographer Robert Mapplethorpe in New York
during the heady years of the 1970s and 1980s.

in this film,Patti reciting a short poem of hers
in an interview on the BBC in 1971;
“New York is the thing that seduced me.
  New York is the thing that formed me.
  New York is the thing that deformed me.
  New York is the thing that perverted me.
  New York is the thing that converted me.
  And New York is the thing that I love too.”

read more on NYT article

Black White + Gray: A Portrait Of Sam Wagstaff And Robert Mapplethorpe


Black White + Gray review by Vince Aletti on The NEW YORKER mag.


Patti Smith at Bowery Ballroom, 4/24/07

some related Links for CBGB;

CBGB(official)
CBGB(Wikipedia)
CBGB(YouTube)
Patti Smith - CBGB The Last Show
Patti Smith(MySpace)
Patti Smith(YouTube)
Television(MySpace)
Richard Hell(official)
Ramones(official)
Blondie(official)
Talking Heads(official)
John Cale(official)
Lenny Kaye(MySpace)


関連記事 ; Patti Smith - "NY is the thing..."

|

2007年1月15日 (月)

若さとリズム

若さとリズム
第1回(1965年(昭和40年)10月16日放送)

若さとリズムは、1965年10月16日から1966年4月までの、毎週土曜日20時から20時30分まで、NHK系列で放送された音楽番組である。全編カラー放送。
当時、最新の音楽事情を、歌手たちの演奏にダンサーの踊りなどを交えて司会者なしで放送するという、当時としては斬新な試みであった。また、クロマキー技術やクレーンカメラなど、映像的・演出的な当時としては新しい試みが見られる。
1966年3月12日放送分がシネスコープで録画され、「THE FLYING BALL」というタイトルでゴールデン・ローズ・オブ・モントルーに出品された。 
第1話のテープ(2インチ)が奇跡的に現存しており、愛宕山のNHK放送博物館に保存されていた再生装置を使って再生・画像修復したものがNHKアーカイブスで2007年1月14日に放送された。

○出演:弘田 三枝子
      鹿内 タカシ
      布施 明
      ザ・スカーレット
      ミュージカル・アカデミー
      東京混声合唱団
      ジャニーズ
○振付:山田 卓
○バレエ:ユニーク・エイト
○音楽:三保 敬太郎
      前田 憲男
      東海林 修
      森岡 賢一郎
      大沢 保郎
○演奏:津々美洋とオールスターワゴン
      猪俣猛とウエストライナーズ
      小俣尚也とドライビングメン
○絵:三乗 明
○美術:足立 正美
○技術:設楽 国雄
○制作:川口 幹夫
○演出:遠藤 利男

昭和と歌謡曲のリンク:

昭和歌謡とわれらの時代

誰か昭和を想わざる

Nipper

|

2006年11月 9日 (木)

Arthur Russell documentary

Arthur
       103512_1                 130330_1   
298923584_518313f726

 

   



 


Arthur Russell documentary ( watch the trailer )

some more insightful Arthur Russell LINKs :

Nick The Record ( DJ Friendly Records) features
Steven Hall's reminiscences
collaboration with Allen Ginsberg 

Tim Lawrence ( author of " Love Saves The Day " )
is plannin' to publish Arthur's biography.

FaithFanzine article



WFMU Arthur Russell special ( listen

tracklisting :

Dinosaur / Kiss Me Again
The Necessaries / More Real
Jah Wobble, Holger Czukay, The Edge / Hold On To Your Dreams
Arthur Russell / Losing My Taste For the Night Life

Nicki Siano / Move
Peter Zummo / Unisons
Jerry Harrison: Casual Gods / The Doctors Lie
Mimi / Time to Go Home Now
Indian Ocean / Treehouse/School Bell pt. 1

Arthur Russell / Wax the Van
Gary Lucas / Let's Go Swimming
Allen Ginsberg / Voice of the Bard
Jill Kroesen / Fay Shism Blues
Loose Joints / Tell You (Today)



Arthur Russell documentary teaser on YouTube

|

より以前の記事一覧