« 腹腹時計 | トップページ | YouTube »

2010年2月27日 (土)

『きれいな病気』

『きれいな病気』








・これらの小説は中心をもたない。
 空っぽの"きれいな"小説。
 もし"それ"があったとしてもおフランス人の誰かが言ったような"空虚な中心をもつ東京という都市"のような"それ"。(本当かな?)

・これらの小説にはおびただしいと言いたくなる程の登場人物(彼や彼女達は皆スノッブ・レースの競技者達だ)が出てくるがその中に主人公はいない。主人公は東京であり ロス-アンジェルスでありN.Y.でありそして昔の上海でありそしてその都市の"きれいな "病気から立ち登るきれいな腐臭。都市の冷たい性器から漂うかぐわしい匂い。体温は、ない。

・本を開くと人間達は、10年前なら"倒錯的"と言われたような性行為をおどろくほど淡々とくりひろげている。
 彼らは"きれいな病気"の患者だ。
 男根は男の尻にねじこまれ、女はびんたをくらいながらあえぎ、というような。愛もなく嫉妬も葛藤もあんまりないセックス。まるで欲望だけが生きる証であるような。欲望の機械のような。

・ハウス・ミュージックのようなセックス。ハウスもまた中心をもたない。誰が創っても誰のものでもない音楽。音の中にあるのは享楽とエクスタシーと絶望だけ。やっぱり昔のフランス人の誰かが"エクスタシーと死は似ている"と言ってたっけ。

・"きれいな病気"はやさしくて恐い病気だ。私達は今、他の人間を(もしかすると自分も?)愛することが困難な具合になっている。でもこの病気にかかれば何かを愛せる。でも何を?

・この病気にかかれば都市と共に強烈に生き、そして死ぬことができる。それが幸福かどうかはクエスチョン・マーク。


岡崎京子(漫画家)





("今野雄二 映画評論家/小説家 ゲイ、ハウス、アシッドを描いた新しい都市小説『きれいな病気』"の表題で、新潮社 雑誌"03 (ゼロサン) " 創刊第3号 - 1990年2月発行 - に掲載・巻頭特集は"ロンドン-90年代の音楽工場 The Future Legend of Music City"・表紙写真はNick Knight撮影によるネネ・チェリー)




オマケ; "岡崎京子 - ブレイキング・グラス"(雑誌 "FRAME" No.1 - 1990年7月発行- 掲載)


|

« 腹腹時計 | トップページ | YouTube »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176438/33562228

この記事へのトラックバック一覧です: 『きれいな病気』:

« 腹腹時計 | トップページ | YouTube »