« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

2008年9月24日 (水)

THIS IS SKA!

THIS IS SKA!


This is SKA! ディス・イズ・スカ!




ビデオでの演奏曲目 ;
  1. JAMAICA(N) SKA / Byron Lee And The Dragonaires
  2. LAST NIGHT (SKA) / Byron Lee And The Dragonaires
  3. SAMMY DEAD(-O) / Eric “Monty” Morris
  4. ONE EYED JACK(S) / Jimmy Cliff
  5. WASH WASH / Prince Buster
  6. TREAT ME BAD / The Maytals
  7. SHE WILL NEVER LET ME DOWN / The Maytals
  8. SO MARIE / The Charmers
  9. ROUGH AND TOUGH / Stranger Cole
  10. TWO ROADS BEFORE ME / Roy Panton And Yvonne Harrison
  11. I DON’T KNOW / The Blues Busters
  12. SAMMY DEAD-O / Byron Lee And The Dragonaires
  13. KING OF KINGS / Jimmy Cliff




 アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカと、地元民族との出会いの場所であるカリブ海には、驚くほど幅 広い音楽文化が存在する。
 国民全体の所得が低い国では、家で聴くためのレコードに金を注ぎ込む人はあまりいないが、みんな で集まって踊りたいと思うのはどこでもいっしょである。ほかのカリブ諸国では、この欲求を満たすた め、19世紀にルーツを持つ音楽 - サルサ、ソカ、サンバ、カリプソ - でパーティーをしていたが、ジ ャマイカでは民族音楽メントもそれほど広まっていなかった。さらに、ジャマイカが戦後急速な都会化 に向かうと、新たな都会生活に似合ったサウンンドトラックが求められるようになる。
 それがアメリカ音楽、ひいてはアメリカから影響を受けた音楽だった。アメリカに住む多くの移民か ら故郷にレコードが送られてきたこともあり、さらにジャマイカはアメリカ本土に近いためラジオ放送 も受信できた。特にマイアミのWINZ、ナッシュビルのWLAC、ニューオーリンズのWNOEなどがよく聴かれ ていた。
 穏やかな夜にはファッツ・ドミノやアモス・ミルバーン、ロイ・ブラウン、プロフェッサー・ロング ヘアなどのサウンドが、何千人というジャマイカ人のAM受信機に流れ込み、メンフィスやニューオーリ ンズの音楽を、そのシンコペーションの効いたシャッフル・ビートとともに、この島の音楽テイストの 核心に送り込んだ(後年大きな影響力を与えた人気アーティストにはオーティス・レディング、サム・ クック、ソロモン・バーク、ベン・E・キング、リー・ドーシーらがいるが、特にカーティス・メイフ ィールドの影響が大きい。)ジャマイカの近年の音楽史は、大部分がこうしたアメリカからのサウンド に対する答として見ることができる。スカ、ロック・ステディ、その後のレゲエ、すべて輸入音楽を地 元で解釈し直したところから生まれている。

 全長200マイルしかないこの熱帯の火山島で、ダンス・ミュージックのきわめて本質に関わるコンセ プトの多くが初めて肉体を得た。
 「あんな小さなところに、こんなでかいものが詰まってるんだ。」ジャマイカ音楽の世界的権威、ス ティーヴ・バロウは、驚嘆をあらわにする。「ジャマイカを見たら、だれでもまさかと思うだろう・・ ・あんなちっぽけな場所が、あれだけの影響力を持てるはずがないって。でもリミックスはどこから出 てきた?ミックスでドラムとベースを前面に出したのは?パーソナリティDJが自分だけのダブ・プレー トをプレイするのは?だれにも否定できないさ。デッキを操作する人間が操るテクニック - そのほと んどがジャマイカで発展したんだ」




(「レゲエ/無限のヴァージョン」
Last Night A DJ Saved My Life ; そして、みんなクレイジーになっていく』
 共著 ; ビル・ブルースター & フランク・ブロートン より抜粋)



関連記事 ; Soul Weekenders

|

2008年9月23日 (火)

山口小夜子 ( Sayoko Yamaguchi )

山口小夜子 ( Sayoko Yamaguchi )

インタビュー

"意図を排除して自分を無にすることから本質に触れる。"




資生堂TVコマーシャル一覧



山口 小夜子(やまぐち さよこ、 - 2007年8月14日)は、日本の、ファッションモデル、ファッション デザイナー。神奈川県横浜市出身。

杉野ドレスメーカー女学院卒業後にモデルとなり、高田賢三山本寛斎のショーで注目を集めた。72年 にパリ・コレにデビュー。以後パリおよびニューヨークプレタポルテコレクションに出演。73年資生堂 の専属モデルとなり、海外・国内ともに活躍し始める。77年にアメリカのニューズウィーク誌で「世界 の6人のトップモデル」に選ばれた。おかっぱ頭に切れ長の目の容姿で日本人モデルのブームを巻き起 こした。

女優としても、寺山修司演出「中国の不思議な役人」などに出演するなど演劇、映画、コンテンポラリ ーダンスに活動の場を広げた。衣装デザインも手がけた。

80年代に入るとダンスパフォーマンスの世界に進出。86年舞台「忘れな草」(演出・佐藤信)に出演。 88-96年「月の駅」「石の花」「NOIJECT」「HERE to HERE」など、勅使川原三郎ダンスカンパニーの数 々の作品に出演した。89年NHK音楽ファンタジー「カルメン」に主演。国際エミー賞公演芸術部門優秀 賞を受賞。勅使河原宏監督の映画「利休」に出演。95年三宅一生のパリコレクションに出演し、久しぶ りのパリコレ参加が話題となった。96年「NOIJECT」でアトランタオリンピック・アートフェスティバ ル部門の公演に参加。2001年には鈴木清順監督の映画「ピストルオペラ」、翌年に二階健監督の映画「 Soundtrack」に出演していた。

山口さんは1人暮らし。関係者によると、連絡を取れなくなっていたことを不審に思った親族が自宅を 訪ねたところ山口さんを発見。すぐに病院に運ばれたが、2007年8月14日に急性肺炎のため死去してい たことが確認され、同年8月20日付の各社報道となった。葬儀は親族だけで執り行なわれ、9月19日にお 別れの会が開かれた。

享年57歳(但し、所属事務所は年齢を公表していない。)。



参考動画 ; 寺山修司インタビュー

 

関連リンク
山口小夜子さん追悼インタビュー (婦人公論 2007年9月22日号)
山口小夜子インタビュー (LEE/1984年2月号)

|

2008年9月14日 (日)

Patti Smith - "NY is the thing..."

Patti Smith - "NY is the thing..."


Patti on NY -


“New York is the thing that seduced me.
  New York is the thing that formed me.
  New York is the thing that deformed me.
  New York is the thing that perverted me.
  New York is the thing that converted me.
  And New York is the thing that I love too.”

  (from an interview on the BBC in 1971)


Dream of life (trailer)



関連記事 ; CBGB Remembrance - 1973-2006

|

2008年9月12日 (金)

機関紙 / 情宣 / アジプロ

機関紙 / 情宣 / アジプロ

新左翼 各派 機関紙
一覧を見る Flickr Picasa
スライドで見る Flickr Picasa



党派別 ;
共産同 ブント Flickr Picasa
解放派 革労協 Flickr Picasa
中核派 Flickr Picasa
革マル派 Flickr Picasa
ML派 Flickr
赤軍派 Flickr Picasa
構改派 Flickr
アナキスト Flickr Picasa
全共闘 Flickr Picasa
日共・民青 Picasa

日学同 (新右翼) Flickr


関連 雑誌 書籍
一覧を見る Flickr Picasaその1 Picasaその2
スライドで見る Flickr Picasaその1 Picasaその2



参考動画 ; 埴谷雄高 政治をめぐる断想
Yutaka Haniya -


参照LINK ;
各派の中央機関紙のタイトル
当時の各派のヘルメット
新左翼党派・全共闘機関紙・冊子( 明大全共闘・学館闘争・文連 より)
アジビラ( 明大全共闘・学館闘争・文連 より)
私的・ビラ保管庫( 1968年全共闘だった時代 より)
日大全共斗資料収集室( 日大闘争by日大全共闘 より)
日大闘争関連資料( 日本大学全学共闘会議農獣医学部闘争委員会 より)

|

2008年9月11日 (木)

Another Sound-bite the Dust?

Another Sound-bite the Dust?

Are you ready?, are you ready for this?
Are you hanging on the edge of your seat?
Are you happy?, are you satisfied?
How long can you stand the heat?
Out of the doorway the bullets rip
To the sound of the beat
(Queen - Another One Bites the Dust)



from Crooks and Liars ;
What's a politician to do when they obviously can't run on their record of failure and incompetence?
Resort to fear and meaningless catch phrases, of course.


Sound Byte Politics
...Pretty soon, we should be able to get electoral politics down to a basic newspeak that contains perhaps 10 keywords: Dream, Fear, Hope, New, People, We, Change, America, Future, Together. Fishing exclusively from this tiny and stagnant pool of stock expressions, it ought to be possible to drive all thinking people away from the arena and leave matters in the gnarled but capable hands of the professional wordsmiths and manipulators.

from Family Guy episode "It Takes a Village Idiot, and I Married One"
Brian syas;
"Louis,undecided voters are the biggest idiots on the planet,try givin' short simple answer."


9/11 Voters -

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »