« 2008年3月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月に作成された記事

2008年7月12日 (土)

赤軍 - PFLP 世界戦争宣言

赤軍 - PFLP 世界戦争宣言

  奥平剛士
  これが俺の名だ
  まだ何もしていない
  何もせずに 生きるために
  多くの代価を支払った
  思想的な健全さのために
  別な健全さを浪費しつつあるのだ
  時間との競争にきわどい差をつけつつ
  生にしがみついている
  天よ 我に仕事を与えよ
    (奥平剛士天よ、我に仕事を与えよ』)




サラーハ(安田安之) バーシム(奥平剛士)
(序章社 『 序章 9号 三戦士追悼特集』より)


赤軍−PFLP・世界戦争宣言 (1971/日)

製作: 若松プロダクション
監督: 若松孝二 /足立正生
編集: 赤軍 (共産主義者同盟 赤軍派)/ PFLP (パレスチナ解放人民戦線)
音声: 戸浦六宏 /中島葵 / 重信房子/ 岩淵進 / 松田政男 / 足立正生





無名にて死なば星らにまぎれんか
               輝く空の生贄として (寺山修司)



   オレたちは想像することができる。
   オレたちはどこへでも行くことができる。
   そしてオレたちは、奴らに向けてブッぱなすことができる。
   オリオンの三ツ星よ、八・一六のまつりの空に輝け!
   オリオンの三ツ星よ、いつの日か、
   奴らに向けてブッぱなされる銃声が、
   オマエたちを追悼するのを聞くことがあるだろう。
   (72年8月京都 テルアビブ2兵士追悼集会 集会基調 より)






関連記事 ; 重信房子 インタビュー 1973
日本赤軍関連video(YouTube Playlist)

|

2008年7月 7日 (月)

Reich in Tokyo

Reich in Tokyo

"...In my generation we tore the wall down and now we are back to the normal situation,
for example if Brian Eno or David Bowie come to me,
and if popular musicians remix my music like The Orb or DJ Spooky it is a good thing.
This is a natural normal regular historical way. " — From an Interview with Jakob Buhre

Steve Reich live at Tokyo Opera City's Composium 2008

It was the culminating event in Composium 2008, a several day affair at Tokyo Opera City
featuring works by Reich, including the Japanese premiere of Daniel Variations and
a performance of Music for 18 Musicians with the composer as guest artist.



live at Takemitsu Memorial in Tokyo Opera City Concert Hall
(20080521)
"Daniel Variations"
"Music for 18 Musicians"

live recording at NHK 101 Studio
(20080225)
"Different Trains"


SteveReich.com (Official Website)

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年8月 »