« インディーズの襲来 | トップページ | 伊藤律と沖縄 »

2007年1月15日 (月)

若さとリズム

若さとリズム
第1回(1965年(昭和40年)10月16日放送)

若さとリズムは、1965年10月16日から1966年4月までの、毎週土曜日20時から20時30分まで、NHK系列で放送された音楽番組である。全編カラー放送。
当時、最新の音楽事情を、歌手たちの演奏にダンサーの踊りなどを交えて司会者なしで放送するという、当時としては斬新な試みであった。また、クロマキー技術やクレーンカメラなど、映像的・演出的な当時としては新しい試みが見られる。
1966年3月12日放送分がシネスコープで録画され、「THE FLYING BALL」というタイトルでゴールデン・ローズ・オブ・モントルーに出品された。 
第1話のテープ(2インチ)が奇跡的に現存しており、愛宕山のNHK放送博物館に保存されていた再生装置を使って再生・画像修復したものがNHKアーカイブスで2007年1月14日に放送された。

○出演:弘田 三枝子
      鹿内 タカシ
      布施 明
      ザ・スカーレット
      ミュージカル・アカデミー
      東京混声合唱団
      ジャニーズ
○振付:山田 卓
○バレエ:ユニーク・エイト
○音楽:三保 敬太郎
      前田 憲男
      東海林 修
      森岡 賢一郎
      大沢 保郎
○演奏:津々美洋とオールスターワゴン
      猪俣猛とウエストライナーズ
      小俣尚也とドライビングメン
○絵:三乗 明
○美術:足立 正美
○技術:設楽 国雄
○制作:川口 幹夫
○演出:遠藤 利男

昭和と歌謡曲のリンク:

昭和歌謡とわれらの時代

誰か昭和を想わざる

Nipper

|

« インディーズの襲来 | トップページ | 伊藤律と沖縄 »